HubSpot、Airtableなどのツールで業務効率化!契約書自動送信フロー構築のためのイベントを6月28日実施。ゲストにYuta Hamaguchi氏

HubSpot、Airtableなどのツールで業務効率化!契約書自動送信フロー構築のためのイベントを6月28日実施。ゲストにYuta Hamaguchi氏

プログラミングを使わないIT開発の支援などを手がけている合同会社NoCodeCamp(本社:東京都稲城市、代表:宮崎翼)は6月28日(月)、イベント「HubSpotゴールドパートナーがおくる、契約書自動送信フローの構築」を実施します。HubSpot、Airtableなどの顧客管理ツールを使い、契約書を自動送信するフローの構築についてお話しするものです。オンラインでの実施となります。

▼合同会社NoCodeCamp|公式サイト:https://nocodecamp.co.jp

▼イベント「HubSpotゴールドパートナーがおくる、契約書自動送信フローの構築」開催オンラインサロン【NoCodeCamp】:https://lounge.dmm.com/detail/2549/

HubSpotとAirtableを使い、デモとハンズオンを実施 ビジネスの業務効率化を目指す

「HubSpotゴールドパートナーがおくる、契約書自動送信フローの構築」は、午後10時スタートで午後11時までの1時間、NoCodeCamp Zoom上で行います。IT勉強会支援プラットフォームであるconnpassページからお申し込みいただいた方を対象に、顧客管理ツールで有名なHubSpotやAirtableを使用して、仕事の現場で実際に使える技術を学べるツール勉強会です。

今回のゲストはHubSpotゴールドパートナーのYuta Hamaguchiさん。元ダンサーで現在CRM、MA、iPaaSの専門家という異色の経歴を持つ、Yuta Hamaguchiさんならではの視点から、ノーコードの魅力をお伝えします。

契約書の自動送信フローの構築方法を、HubSpotを使ったバージョンでデモを行い、Airtableを使ったバージョンでハンズオンを実施。便利な顧客管理ツールであるHubSpotやAirtableを活用することで、業務効率化につながることを、本イベントを通して多くの方に知っていただける内容となっています。

<「HubSpotゴールドパートナーがおくる、契約書自動送信フローの構築」のアジェンダ>

・デモ 20分

(1)Google Docs(契約書)側の準備

(2)HubSpot側の準備

(3)Google Drive準備

(4)Integromatでフロー作成

・ハンズオン 40分

(1)Google Docs(契約書)側の準備

(2)Airtable側の準備

(3)Google Drive準備

(4)Integromatでフロー作成

<Yuta Hamaguchi:濱口雄太氏について>

2002年からUSJでMC兼ダンサーとして活躍、紅白歌合戦にも出場経験がある。2005年からはヨーロッパに渡り、ドイツの州立劇場やイタリア・ミラノにあるスカラ座の舞台に立つ。ドイツでは舞台芸術監督としても活動。帰国後はマーケターを経て起業、会社を経営するという独特な経歴の持ち主。現在は芸術とビジネスの両立を目指す人生を歩み、CRM+MAツールであるHubSpotの導入支援に携わる。

▼Yuta Hamaguchi氏|note|https://note.com/yutahamaguchi/

プレスリリース受け付けます

あなたのサービス/体験を記事に掲載してみませんか? 掲載レギュレーションを一読ください

NoCodeメディアのプレスリリース投稿について。

NoCodeイベントカテゴリの最新記事