【翻訳記事】Adalo がTiger Globalより$8Mの投資を実施

【翻訳記事】Adalo がTiger Globalより$8Mの投資を実施

本記事は、Adaloの Announcing Adalo’s Series A の翻訳記事になります。
これからのAdaloの行方に関わる重要な方針といままでのAdaloの歴史が書かれています。

今回のシリーズAの発表では、たくさんの嬉しいことがあったので、5つのパートに分けてご紹介します。ぜひ、最後まで読んでみてください。

Part1
800万ドルのシリーズA資金調達を達成しました

タイガー・グローバルがリードする800万ドルのシリーズAラウンドが、ローンチからわずか17カ月、シードラウンドから14カ月で終了したことを発表できることを光栄に思います。Airbnb、Stripe、Uber、Square、Squarespace、InVision、Wordpress、Facebook、LinkedIn、Coinbaseなどの企業を支援してきたトップVCの1つから支援を受けることは、控えめに言っても超現実的であり、この資金調達により、ノーコードアプリ構築を次のレベルに引き上げる準備が整いました。

また、今回のラウンドでは、ZapierのCEOであるWade Foster、GithubのCTOであるJason Warner、Makerpadの創業者であるBen Tossell、Oceans Ventures、OldSlip GroupがTigerに参加してくれたことを発表できることを嬉しく思います。私たちが心から尊敬しているリーダーたちが、私たちと私たちが作っているものを信じてくれていることは、謙虚な気持ちにさせてくれます。

Adaloとノーコードの未来について説明する前に、いくつかの人々に感謝の気持ちを伝えたいと思います。Adaloでたくさんの素晴らしいものを作ってくれたメーカーの皆さん。Adaloエキスパート、コミュニティリーダー、そしてAdaloチュートリアルを作成したり、フォーラムに参加したり、アプリで誰かを助けたりしてくれた皆さんに感謝します。ノーコード・コミュニティの皆様には、コーディングなしでソフトウェアを作ることが可能であることを人々に示し、人々がつながる場所を作っていただきました。初期のエンジェルからRainfall Venturesまで、Adaloを次のレベルに引き上げるために私たちを信じてくれた初期投資家の皆さんに感謝します。そして、Adaloのチームのみんなにも感謝しています。Adaloで行うすべてのことに心を注いでくれ、完全なチームワークを発揮してくれました。

Part2 
過去を振り返って未来を見る

2013年、私は建築家から、まだ比較的新しいUXデザインの世界に転身しました。多くの人(私も含めて)にとっては、7年間の教育を無駄にして、何もわからないことに挑戦するようなものでした。しかし、この(疑問のある)決断が、ハードワーク、素晴らしい人々、そしてちょっとした幸運に満ちた出来事の連鎖を引き起こし、今日の私たちがあるのです。

UXに出会ったのはセントルイスのスタートアップで、そこで現在の共同設立者であるベンと出会うことになりました。また、そこでは、私がUXデザインにとって魔法のような時代だと思っていることを経験することができました。テック業界の誰もが優れたデザインの力にようやく気付き始めていたので、新しいデザインツールがブームになり、それらが信じられないような方法でお互いに協力し合っていました。私が入社した頃は、開発者にソフトウェアがどのように見えるかを漠然と伝えるだけの、静的なスケッチのような、くねくねした線のような「ワイヤーフレーム」を作っていました。それから数年後、デザインツールは進化し、私がモックアップを提示すると、一部の人は私が提示しているものが実際のソフトウェアであると考えるようになりました。細部、ピクセル、インタラクションのひとつひとつが本物のように見え、感じられたのです(正しい順序でクリックすればですが)。

また、この時期、テック業界では大きな議論が巻き起こっていました。コードを書けなければ、「真の」UXデザイナーではないという強い信念が、一部のコミュニティにはありました。この考えは、カンファレンスやブログ記事、ミートアップなどあらゆるところで見られました。私は自分を「真の」UXデザイナーだと思っていたので、コードを学ぶべきだと思いました。そこで、Treehouseでいくつかのコースを受講しましたが、…. すぐにやめてしまいました。理由はいくつかあります。1つ目は、とても難しく感じたことです。本当に意味のあるものを作る前に理解しなければならないことがたくさんあると感じたからです。しかし、もうひとつの理由は、デザインツールの進化を肌で感じていたからです。ある日の夜、私がコードの書き方を覚える頃には、誰かがドラッグ&ドロップでこんなことができる方法を考え出しているだろう、と考えたことを覚えています。

正直なところ、当時の私は、今で言うところの「ノーコード」の実現に自分が関わることになるとは思っていませんでした。不可能だと思っていたのです。しかし、「不可能」なビッグアイデアを実現するには、本当に信じてくれる人が必要です。それがベンだったのです。前職で5年ほど一緒に仕事をした後、私たちは自分たちが本当に情熱を持っているものは何か、次に何を作りたいのかを話し合うようになりました。その中で、コーディングをしなくても誰でもソフトウェアを作れるようなものを作りたいというアイデアが何度も出てきました。プログラミング言語をビジュアル化するのではなく、デザインツールを機能的にしたらどうだろうか?

道なき道を行く

1年ほど前、私たちはもう一人の共同設立者であるJeremyとチームを組み、すべての作業にあまりにも多くの時間を費やして、Adaloの最初のバージョンを作りました。誰もが1行のコードも書かずに、AppleとGoogleの両方に、そしてウェブにアプリを公開できるようになったのですから、本当にやり遂げました。実際に動いているのを見るのは素晴らしい気分でしたし、設計と構築は確かに簡単ではありませんでしたが、それ以上に複雑な問題がありました。

人々は私たちを信じてくれなかったのです。

ノーコードスペースにいる人の中には、これは少し奇妙に聞こえるかもしれませんが、これは2018年後半のことで、この言葉が本当に火を噴く前のことでした。当時の人々は、テンプレート化されたWebサイトをコーディングなしで作ることは可能だと信じていましたが、アプリケーションソフトウェアをアプリストアやWeb上でネイティブに作ることは、少し遠回りすぎるように思えました。私たちが最初の広告を出し始めたとき、一部の人々がそれを偽の「プロパガンダ」や「うまくいかない偽の金儲け」だと指摘したことをはっきりと覚えています。

まだノーコードという言葉が普及していなかったので、発売するコミュニティもなく、Adaloを自分たちで使いこなせるという自信もありませんでした。そのため、最初は小さな開発ショップとして、ゆっくりと、しかし確実に、完全にAdalo上でアプリケーションを設計・構築していきました。自信が持てるようになると、アプリへの課金が増えていき、1つのアプリでかなりの金額を稼げるようになりました。しかし、より複雑なアプリを作るようになると、少々困ったことになりました。人々のためのフルサービスショップとしてAdaloでアプリを作ることにはやりがいがありましたが(そして、少しの収入があるのは嬉しいことでした)、それに多くの時間が費やされるようになり、決断を迫られるようになりました。サービスとしてアプリを作り続けるか、それともやめて、これまで得ていた収益を放棄し、誰もが自分のアプリを作れる真のノーコードプラットフォームになることに専念するか。

振り返ってみると、これは簡単な決断のように思えるかもしれませんが、安定した顧客の流れや、プレッシャーを感じることなく水面下で仕事ができる小さなレベルでの仕事の安心感、そしてセルフサービスのためにプラットフォームを完全に進化させる必要がないことを諦めるのは、私たちにとってかなり厳しいものでした。しかし、それは私たちがAdaloに対して抱いていた大きなビジョンではありませんでした。

徹底的にやり込む

現在、コードを書ける人が0.3%しかいないということは、ソフトウェアを簡単に作れない人が70億人以上いるということです。この失われた可能性こそが、私たちの大きな決断を後押ししたのだと考えています。私たちは、人々がアプリケーションを作り、扱い、見る方法を根本的に変えようとしていると感じました。そして、その力を誰からも奪いたくありませんでした。私たちは、ソフトウェア制作を真に民主化するためには、思い切ってベンチャーキャピタルの道を歩むしかないと考えました。

そこで、私たちは再び進化を遂げました。クライアントを引き受けるのをやめ、プラットフォームをセルフサービス化し、Adaloをさらに作りやすくすることに注力し、2019年11月12日、初の「No-Code Conf」で世界に向けて発表しました! 爽快感と疲労感があり、絶対にクレイジーな2020年に向けて準備しました。ローンチからわずか数ヶ月後、幸運にも最初のラウンドの資金調達を完了することができました。1月にRainfall Venturesが170万ドルのシードラウンドを行いました。レインフォールをご存じない方のために説明すると、ゼネラルパートナーのロンは本当に素晴らしい人で、彼やチームのおかげで私たちはここにいるのです。また、RainfallはWebflowを最初に支援した会社でもあり、何かを成し遂げているように思えます)。Rainfallとともに、Doug Villhardが率いる初期のエンジェル投資家にも感謝したいと思います。彼は、私たちがAdaloを立ち上げる前から、私たちの素晴らしいメンターであり、私たちは、彼がそばにいてくれることで、ずっと楽しい時間を過ごすことができました。

シードラウンドを終えた後、翌年にはチームを18名に拡大することができましたが、彼ら一人ひとりが私の想像を超える高みへとAdaloを押し上げてくれました。外部データコレクション(Adaloに組み込まれたデータベースだけでなく、サードパーティのAPIにデータベースを接続することができます)、カスタムアクション(アプリが他のソフトウェアでアクションを起こすきっかけとなり、その情報をアプリに戻すことができます)、コンポーネントマーケットプレイス(開発者が独自のコード化されたコンポーネントを作成し、Adaloのどのアプリにも追加することができます)、アプリをスタートさせるためのアプリテンプレートなど、数え切れないほどの素晴らしい機能を提供してきました。また、私たちは、ノーコードをさらに高みへと押し上げる役割を果たすために、素晴らしいコミュニティとつながり、成長させることができました。Adaloエキスパートプログラムを開始し、「The Future is No-Code Series」を立ち上げ、誰でも自分のアプリをクローン化してみんなで共有できるようにしました。また、デジタルカンファレンス、ウェビナー、Twitter、フォーラムなど、ノーコードについて話したい人がいればどこでも、多くの皆さんとチャットをしました。

しかし、最も重要なことは、皆さんのおかげで、疑い深い人たちが間違っていたことが証明され、言葉では言い表せないほど素晴らしいものがAdaloで作られたということです。毎日のように、私を驚かせるような新しいアプリに出会っています。まだご覧になっていない方は、ぜひショーケースのページをご覧ください。皆さんがアプリを作るために費やした創造性と努力がなければ、今日の私たちは間違いなく存在しなかったでしょう。私たちを信じてくれてありがとうございます。

Part 3 
さて、次は…。ノーコードのために?Adaloのために?

大きな節目に到達するたびに、次のステージに行くためにまた進化しなければならないと感じています。私たちは、小さなノーコードの開発ショップから、誰でも最初のバージョンのアプリを作ることができるシンプルな方法へ、そして、シンプルかつパワフルなプラットフォームへと進化し、複雑なアプリを作っても、堅苦しいシステムに縛られているように感じることはありません。そして今、私たちはここにいて、「次は何をするのか?ノーコードを前進させ続けるためには何を証明する必要があるのか?

ちょっと待って、その前にコーヒーを飲みたいんだけど
私たちが最初に始めたときも、そして今でも、ノーコードとコーディングを直接競合するものとして捉えている人がたくさんいます。つまり、開発作業には限りがあり、同じパイの部分を奪い合っているようなものです。そして、この競争がコードとノーコードを互いに対立させ、仕事を失うことを心配して、従来のコーディングの方が常に優れていると主張する人たちを生み出しています。そして、このような主張を聞くたびに、不思議なことに私はいつもスターバックスのことを思い出すのです。

スターバックスはシアトルで大流行した後、全米に広がり始めました。地元のコーヒーショップは恐怖におののいていました。どこかの大企業が入ってきて、自分たちが及ばないスケールメリットで営業し、コーヒーを飲む人たちを奪っていくのではないかと。しかし、面白いことが起こりました。スターバックスがどこに行っても、地元のコーヒーショップの利益は実際に増加したのです!地域によっては25%も増加しました。なぜか?それは、同じパイを奪い合っていないからです。スターバックスは、それまでコーヒーを飲まないと思っていた人たちを、新たに引きつけていたのです。その人たちは、フラペチーノを何杯か飲んでみると、自分はコーヒーが好きなんだと気づき、地元のコーヒーショップにも足を運ぶようになります。そうすると、コーヒーを飲む人のパイが増えていくんです。

これとまったく同じことが、今、開発現場で起こっています。ソフトウェアを作るにはコストがかかりすぎる、あるいはコードを書けない人がコードを書ける人を説得して問題解決に取り組ませることができないなどの理由で、多くのソフトウェアのアイデアが長年にわたって人々の頭の中に閉じ込められてきました。しかし、ノーコードの力によって、この状況は一変し、私たちは開発市場のパイ全体を拡大しています。新しいスタートアップから、特定のビジネスのために作られたアプリまで、アプリ制作の市場は爆発的に拡大しています。

ノーコードという言葉が流行して以来、新しいスタートアップや副業が増えてきました。多くのメーカーが、資金調達が必要なアイデアを低コストで素早く作成し、反復し、ピボットすることができるのを目の当たりにして、信じられないほどの力強さを感じています。今、本当に素晴らしい新製品の波が押し寄せています。

私たちは、中小企業からFortune 100に至るまで、規模を問わずすべてのビジネスには多くのプロセス(社内、社外、そして多くの場合はその両方)があり、それらをカスタムアプリケーションに変えれば、関係者全員にとってより良い体験になると根本的に信じています。私たちは今、デジタルトランスフォーメーションの新たな局面を迎えようとしている、非常にエキサイティングな時期にいます。人々は、アプリやソフトウェアを今とはまったく異なるツールとして考えるようになるでしょう。現在、多くの人々はアプリやソフトウェアを単なる巨大なソーシャルネットワークと考えており、実際にはプロセスをより円滑にする方法ではなく、誰もが自分で構築できるものでもありません。しかし、スプレッドシートやドキュメントが私たちの仕事のやり方を変えたように、コードの書き方を知らなくてもソフトウェアを作成できるようになれば、私たちが日常的に使用するツールのあり方も変わってくるでしょう。

アプリ制作の新時代を切り開くためには、ノーコードとコーディングを対立するものとして考えるのではなく、本当の意味での共同作業となるよう、プロセスを変革するためにどのように利用できるかを考えなければなりません。そして、ここに物事の最終的な方向性が見えてきました。この10~15年の間、開発者の世界では、デザイナーと開発者の間のハンドオフプロセスを最適化しようとしてきました。ウォーターフォールからスクラム、カンバンへと移行し、デザインツールの性能も向上してきたため、あるチームから別のチームへ、より効率的にアイデアを伝えることができるようになりました。しかし、結局のところ、これらのツールは2つの異なるツールセットであることに変わりはありません。そこで疑問に思うのは、誰もが同じツールを使えるようになったらどうだろう?メーカーやデザイナー、プロダクトマネージャーが作っていたシステムに、開発者がコードを追加していくことができたらどうでしょうか。私たちは、ノーコードの未来が、現在のローコードツールのように機能するようになると言っているわけではありません(ローコードツールでも、ものを作るためにはコードの書き方を知っている必要があります)。コードを知っていようが、ノーコードであろうが、私たちはみんなで一緒に作るべきなのです。

Part 4 
Adaloの次なる進化のためのロードマップ

これを実現するために、私たちは製品とコミュニティの両方で、一連のエキサイティングなプロジェクトを進めています。

私たちは、ウェブアプリケーションの計画に、これ以上ないほど期待しています。私たちの原点はモバイルファーストですが、アプリストアとウェブの両方で、あらゆるスクリーンサイズで動作するアプリを作ることは、常に私たちの究極の目標であり、これを完成させることは、ノーコードソフトウェアの実現を証明することになります。今年はここで大きな変化を期待しています。#レスポンシブデザイン

また、マーケットプレイスにも大きな計画があります。昨年、コンポーネントマーケットプレイスを立ち上げたとき、私たちはノーコードとコードが真に融合する方法を生み出しましたが、それはコンポーネントに限ったことでした。今年は、コンポーネントマーケットプレイスから「コンポーネント」を外す時が来ました。私たちは、コンポーネント、テンプレート、アクション、データベースとの連携、エキスパート、そしてそれらすべてを販売し、収益化する方法として、マーケットプレイスの次の進化を考えています。

最後に製品面ですが、私たちはすでにインフラを大きく前進させていますが、それを次のレベルに引き上げる時が来ました。私たちは、ノーコードはMVPのためだけのものではないという考えをさらに強めています。

また、Adalo App Academyの開設も予定されており、これまで以上に期待が高まっています。製品の機能強化に加えて、コミュニティチームも同様にエキサイティングなプロジェクトを進行中です。ノーコードが誰にとっても正統なものであることを証明するためには、教育が大きな役割を果たします。アプリを作れるようになった70億人の人々のことを考えれば、みんなに教えなければならないことがたくさんあります。私たちは、コミュニティと協力して、教育のミッションを「Adaloのどこをクリックすれば実現できるか」を教えることから、「どうすればプロダクトデザイナーになって、自分の問題を解決し、自分のアイデアを現実にすることができるか」という幅広い質問へと拡大し、教育への新しいアプローチを取っていくつもりです。

また、Adaloエキスパートとお客様とのつながりを強化するために、ウェビナーやコース、エキスパートとお客様との間をつなぐシステムなどを提供していきます。

Part 5
盛り上がってますか?あなたにもできることがあります

ソフトウェアを作る力をすべての人に届けるために、私たちにはやらなければならないことがたくさんあります。私たち」というのは、このコミュニティにいる私たち全員のことです。まず、アプリのフリーランサー、デザイナー、代理店、コンサルタントなど、新しいアプリを作る人たちを支援するための、まったく新しいインフラやサービスが必要です。ここ10〜15年の間に起こったWebサイトの変化を考えてみてください。それまでは、大企業だけがウェブサイトを作るために開発者チームを雇う余裕がありました。しかし、その後すべてが変わり、今では誰もがウェブサイトを持つようになりました。それを実現するために、ノーコードのウェブサイト構築ツールを使ってウェブサイトに命を吹き込むビジネスを支援する企業が大量に誕生しました。このように、アプリのフリーランスビジネスに参入するには、今が絶好のチャンスと言えるでしょう。

私たちはまた、自分の居心地の良い場所からさらに手を広げていく必要があります。時々、私たちは自分たちだけの小さな#nocode Twitterスペースにいるように感じることがありますが、(私はそれがとても好きですが)そろそろ手を広げて、みんなにno-codeのことを伝えるべきです。地元の企業を見つけて、彼らが持っているいくつかのプロセスをより良くするために作れる新しいアプリについて伝えることで、彼らの仕事のやり方に革命を起こしましょう。地元の学校に行って、no-codeとは何か、なぜメーカーやクリエイター、プロダクトデザイナーのように考えることが重要なのかをみんなに教えてみましょう。あるいは、「ノーコード」とは何かを他の人に伝えることから始めましょう。みんなで協力してこそ、このプロジェクトを成功させることができるのです。

そして、ついに採用しました。私たちは、Adaloを目的優先型の組織と考えており、メーカーにアイデアを実現する力を与えるという私たちの目的を支える原則と実践を誇りに思っています。Adaloで働くことに興味がある方は、「Inside Adalo」のページをご覧ください。また、自分がメーカーだと思う方、コードレスな空間が好きな方、私たちと一緒に楽しい時間を過ごしたい方は、募集中の職種をご覧ください。文字通りすべての部署で募集していますので、ぜひご応募ください。

プレスリリース受け付けます

あなたのサービス/体験を記事に掲載してみませんか? 掲載レギュレーションを一読ください

NoCodeメディアのプレスリリース投稿について。

ニュースカテゴリの最新記事