ノーコード専門オンラインサロンの「Adalo」強化月間イベント第二弾、「きなりとアダろう!Adaloで作る勤怠管理アプリ」、2月9日に開催

ノーコード専門オンラインサロンの「Adalo」強化月間イベント第二弾、「きなりとアダろう!Adaloで作る勤怠管理アプリ」、2月9日に開催

プログラミングを使わないIT開発の支援などを手がけている合同会社NoCodeCamp(本社:東京都稲城市、代表:宮崎 翼)が運営するオンラインサロン「NoCodeCamp プログラミングを使わないIT開発」は、オンラインイベント「きなりとアダろう!Adaloで作る勤怠管理アプリ」を、2022年2月9日(水)午後7時から開催いたします。

▼オンラインサロン「NoCodeCamp プログラミングを使わないIT開発」イベント情報・特典・特徴やメリット紹介ページ(NoCodeCamp公式ウェブサイト):https://nocodecamp.co.jp/nocodecampsalon/

▼オンラインサロン「NoCodeCamp プログラミングを使わないIT開発」紹介・入会申し込みフォームへのリンク掲載ページ(ウェブサイト「DMMオンラインサロン」):https://lounge.dmm.com/detail/2549/

サロンメンバー向け「Adalo」強化月間イベント第二弾は「勤怠管理アプリ」を作成

“ノーコード”とは、プログラミングを使わずに、誰でもアプリやWebサイトを作ることができるWebサービス手法です。「NoCodeCamp プログラミングを使わないIT開発」は、合同会社NoCodeCampが運営している日本最大規模の“ノーコード”オンラインサロンで、2022年1月30日現在で281名のメンバーが入会しています。サロンメンバーを対象としたさまざまなイベントを日々開催し、知識やスキルの向上、メンバー同士のネットワークの構築などを支援しています。

毎月テーマを定めて対象のツールに関連したイベントを開催、2022年第二弾となる2月は「Adalo」の強化月間として、Adaloについて深く学べる様々なイベントを企画しています。NoCodeCamp公認のAdaloエキスパートであるきなり氏がスピーカーを務め、1ヶ月間を通してAdaloで様々なアプリ開発を行なっています。

今回のイベント「きなりとアダろう!Adaloで作る勤怠管理アプリ」では、サロンメンバーより事前に公募し選ばれた「勤怠管理アプリ」を、Adaloでのサービス開発の最前線を走るきなり氏と一緒に作成する内容をお届けいたします。なお、次回以降は別の講師の方にバトンタッチし、新しいアプリを開発していきますので、そちらもお楽しみに。

「きなりとアダろう!Adaloで作る勤怠管理アプリ」実施概要

◇日時:2月9日(水)午後7時~午後8時

◇使用プラットフォーム:Zoom

◇対象:オンラインサロン「NoCodeCamp プログラミングを使わないIT開発」メンバー

◇内容:

・自己紹介

・「Adalo」概要説明

・「Adalo」の基本操作説明

◇スピーカー:きなり氏

<プロフィール>

ノーコードエンジニア、UIUXデザイナー、NoCodeCamp公認「Adalo」エキスパート。横浜出身、東京在住。コードが書けないながらアプリを開発しており、「Adalo」、「Figma」、「Flutter」「STUDIO」などのツールに関するTipsをツイートしています。

プレスリリース受け付けます

あなたのサービス/体験を記事に掲載してみませんか? 掲載レギュレーションを一読ください

NoCodeイベントカテゴリの最新記事