2022年5月 Airtableアップデート

2022年5月 Airtableアップデート

こんにちは、NoCodeCampのツバサです。

本記事は、Airtableの公式情報を日本語に修正したものです。
いくつか日本語を訳すにあたり省略している部分もあります。


今回の目玉は、なんといってもMiroとの連携機能でしょう。


interfaces の追加要素

インターフェースのアップデートがありました。
ボタンを追加すれば、関係者は自分が何をすべきかを正確に把握できます。デザイナーは、クリックするだけでアセットを受理したり、修正のために送り返したりすることができます。

カレンダー要素はインターフェイスに追加して、チームメンバーが今週の締め切りを簡単に確認できるようにすることもできます。

また、要素やインターフェイス全体を複製することもできます。

Miroとの新たな統合

Airtableの統合により、ホワイトボードプラットフォームMiroのブレーンストーミングのアイデアをすべてAirtableに直接同期させることができるようになりました。

以下のように、MiroのButtonが追加されてます。(ツバサ追記画面)
タスク管理をしたものをAirtableなどでグループ化することもできます。

自動化がさらに管理しやすくなりました。

自動化をより簡単に、より強力にすることで、ワークフローを完全にコントロールすることができます。さらに2つのアップデートをご紹介します。

完全な自動化テスト。オートメーション全体を一度にテストできるようになりました。これにより、チームの他のメンバーに送信する前に、オートメーション全体を最初から最後まで試行することができます(オートメーションの「ソフトローンチ」と考えてください)。

オートメーションをフォルダーに整理する。すべてのオートメーションに対応できますか?ドラッグ&ドロップするだけで、すべてのオートメーションを折りたたみ可能なセクション、またはフォルダに整理できます。ワークフローごとにオートメーションをグループ化すれば、目的のオートメーションを簡単に見つけて編集することができます。


非共有者を追加する

共同作業者フィールドは、プロジェクトや個々のタスクのような特定のレコードに所有権を割り当てるのに役立ちます。しかし、時には、基本的なアクセス権を与えることなく、レコードをユーザーに関連付けたい場合もあります。例えば、人事担当者が報酬分析のベースを持っている場合、特定の従業員にこの機密情報を見せることなく、参照したいことがあります。

この場合、基地の共同作業者でなくとも、共同作業者フィールドで任意のユーザーを参照することができます。

Community news & stories

先月から、ABCのAmerican Song Contest in Airtableに出場する出場者を追跡し、集計採点アプリを使って出場者の成功を予測しています。そして、ソーシャルメディア上の成長をモニタリングした結果、ネタバレになりますが、ファイナリストを正確に予測することができました。

私たちのブログを読んで、私たちがどのようにそれを行ったのか、そして6月1日午前9時(太平洋標準時)に開催される仮想コミュニティAMAに参加してください。AirtableがAmerican Song Contestを追跡するために使用したベースを開発したStephen O’Gradyは、ベースの構築方法をデモし、ソーシャルメディアにAirtableを使用するためのヒントやコツを共有する予定です。

Universe base of the month

Kym Ellisは、シェルターで保護されているすべての猫と子猫の名前、年齢、不妊手術の状況などを記録するための動的なベースを作成しました。さらにユニークな機能として、里親募集中の猫と里子に出された猫を示すカンバン表示や、ワクチン接種の記録専用のテーブルも用意されています。

引用 
https://blog.airtable.com/whats-new-in-airtable-may-2022/

コメント

先月の3,4月  に比べるとややアップデートが少なめですが、着実に更新しているのがわかるのはいいですね。今回は、何よりMiroの同期がメインだと思います。Airtable慣れている人はInterfacesのButtomも嬉しいことかもしれません。

また、同期のサービスが増えてくるといいですね!

プレスリリース受け付けます

あなたのサービス/体験を記事に掲載してみませんか? 掲載レギュレーションを一読ください

サービスリリースカテゴリの最新記事