【翻訳】ノーコードツール Bubble投資家向け資料Investing in Bubble startups

【翻訳】ノーコードツール Bubble投資家向け資料Investing in Bubble startups

(注意)

当資料は、個人で翻訳したものであり、正式な資料は【公式】のInvesting in Bubble startups を参照ください https://twitter.com/tsubasatwi

Investing in Bubble startups

2021年8月

Bubble を使って Web 製品を構築し、スタートアップ企業を立ち上げる人へ向けての資料です。

このドキュメントでは、Bubble が、スタートアップの立ち上げと拡大にどのように貢献できるかを説明します。Bubbleの技術や、エンジニアなしでもBubbleが運用できる理由を説明していきます。

What is Bubble?

Bubbleは、誰もがコードを書かずに視覚的にWebアプリケーションを構築できるプログラミングツールであり、クラウドプラットフォームです。Bubbleは、コードを使わずに視覚的にWebアプリケーションを構築できるプログラミング・ツールであり、ノーコード・スペースにおける最も初期のプレイヤーの1つです。アプリは一度構築されると、Bubbleのクラウドプラットフォーム上でホストされ、自動的に拡張されます。ソーシャルネットワーク、マーケットプレイス、SaaS製品などは、Bubbleを使って構築できる典型的な例です

技術的には、BubbleはWebアプリケーションのアセンブリのためのJSONベースの宣言型言語です。

技術的なバックグラウンドを持たないユーザーや技術的なバックグラウンドを持つユーザーが、コーディングされたjavascriptモジュールをシームレスに組み合わせて、node.jsアプリケーションを構築できるように設計されています。ユーザーが自由に組み合わせることができるフロントエンドのjavascriptコンポーネントと、ユーザーがリンクすることができるバックエンドのサーバーコンポーネントの両方をサポートしています。

バックエンドサーバコンポーネントの両方をサポートしています。Bubbleは、従来Web開発に使用されてきたプログラミング言語やフレームワーク(バックエンドはRuby on Railsやnode.js、フロントエンドはReact、HTML、JS、CSS)を置き換えるために設計されています。

Bubbleのユーザーはアプリケーションの完全な知的財産(デザイン、ワークフロー、データ)を保持し、Bubbleは非アプリケーション固有のエンジンのIPを保持します。

What are the advantages?

企業は製品を市場に出すためにエンジニアを雇う必要がないため、Bubbleは数桁単位でより廉価になります。Bubbleの2020年版No-Code Censusを含む最近のデータ調査では、回答者はNo-Codeによってアプリケーションあたり2〜3人のエンジニアのコスト、あるいは2020年の米国人プログラマーの給与中央値に基づく平均年間20万〜30万ドルのコストを節約したと主張しています。Bubbleのユーザーからは、Bubbleは以下のような数字が出ています。

従来の開発に比べて10倍から50倍安くなります。このコスト削減は、企業のごく初期段階における資本の有効活用につながり、初期投資家や創業者にとっては希薄化の抑制につながります。

Speed of iteration

Bubbleは使いやすい高水準言語なので、Webアプリケーションの構築と修正がはるかに速くなります。創業チームは数時間で製品に着手できるため、初期のフィードバックを非常に迅速に活用できます。

Scale

バブルアプリケーションは自動的にスケーリングします。アプリが一定の規模に達すると、メインユーザーから完全に隔離された専用クラスターに移行し、トラフィックが増加したときに多くのヘッドルームを提供します。このような構成で、毎日500kページビュー以上を処理するアプリケーションを見たことがあります。メインクラスタ上のアプリケーションは、現在、月間3,000万ページビュー以上に達しています。

Extensibility

ノーコードツールでよくある懸念は、その制限についてです。Bubbleは、他のツールと比較して非常にオープンエンドです(そのため、数時間の学習が必要です)。

学習が必要です)。とはいえ、Bubble の視覚的言語が目的の動作を定義するのに最適でない場合もあります。このような場合、ユーザーはアプリケーションに統合可能なコードで独自のプラグインを構築するか、Bubble コミュニティによって構築されたプラグインを購入することができます。このフォールバックにより、Bubble 上で構築できるものに制限はありません。

Native applications

Bubbleは現在、Webアプリケーションに最適化されています。Bubble のアプリケーションはレスポンシブで、モバイル デバイスでも問題なく動作しますが、Bubble にはアプリ ストアで配布されているネイティブ アプリケーション用のすぐに使えるソリューションはありません。

このため、アプリケーションのラッピングに成功しているユーザーもいるが、これにはある程度の技術的スキルが必要である。


What has been built on Bubble?

2021年8月現在、100万以上のウェブアプリケーションがBubble上に構築されています。

これらのアプリケーションは、VCに支援されたスタートアップから、社内管理ツールや個人的なプロジェクトまで、多岐にわたります。Bubbleで構築されたアプリケーションは、規模に合わせて構築されています。

Bubble事例紹介

Dividend Financeは、住宅所有者向けのソーラーパネル融資プラットフォームと、設置業者向けのCRMを運営しています。3億3000万ドル以上を調達し、10億ドル以上のローンを処理した。

バブル・ソリューションを通じて、2014年以降、3億3,000万ドル以上を調達し、10億ドル以上の融資を処理しています。

CuureはBubbleをベースに構築され、ヨーロッパのインベスターから180万ユーロを調達しています。

Cometは、Bubbleで80万ドルの売上を達成し、1300万ドルの初回ラウンドを調達しました。

TealはBubbleで構築されたキャリア・プラットフォームで500万ドルを調達しました。

多くのユーザーが、資金調達をせずに、Bubbleでプロフェショナルなビジネスを構築しています。

How stable is Bubble?

Bubbleがスタートアップである以上、Bubble上に構築されたスタートアップに投資することは、懸念につながる可能性があります。スタートアップのためのデフォルトのプラットフォームになるというミッションを考えると、私たちはビジネスの安定性を戦略の中核に据えています。

プロダクトとプラットフォーム

私たちのデプロイメントプロセスには、600以上のテストが含まれています。

バグが本番環境に混入するのを防ぐためです。30日間の稼働率(https://status.bubble.io)は、メインクラスタで99.95%を超えています。また、専用クラスタでは、ユーザーがコードを更新するタイミングをコントロールし、メインクラスタでのリリースとテストの数時間後にユーザーに提供され、ほとんどのボックスで100%のアップタイムを実現しています。

会社概要

Bubbleは、2012年に現在と同じ創業チームによって立ち上げられ、最初の資金調達の前に何年も維持してきました。この成長戦略は、私たちの製品、コミュニティ、会社の安定性の源となっています。2019年、スタートアップがBubbleで成長するのに合わせて、私たちがより速くスケールするための最初の資金調達ラウンドを行いました。2019年6月にSignalFireが主導する625万ドルのラウンドを発表し、2021年7月にBubbleはInsight Partnersが主導する1億ドルのシリーズAラウンドをクローズしました。その他の支援者には、NeoのAli Partovi、Lean Startup MethodのEric Ries、BoxGroupのDavid Tisch、WarbyParker, Mulesoft, Okta, Harry’s, Allbirds, Peloton,Hootsuite, Datadogなどの創業者たちが名を連ねています。

保証

私たちは長期的に存続することを計画していますが、万が一、私たちがサービスの提供を停止した場合、移行手順を記載したオープンソースでコードを公開することを公約しています。

Contact

私たちは、ユーザーがバブルの上でインパクトのあるビジネスを創造することを支援し、一流の投資家からの資金調達を支援することが重要であることを理解しています。Bubble を基盤とする企業を評価する際に、私たちがお役に立てることがあればお聞かせください。ご質問は、共同CEO兼創業者のエマニュエル・ストラシュノフ(emmanuel@bubble.io)までご連絡ください。

Bubble Group, Inc.

900 Broadway, Suite 504 New York, NY 10003 contact@bubble.io bubble.io

日本語のダウンロードをしたい方はこちらへどうぞ
PDFのダウンロード

サービスやイベントのプレスリリース受け付けます

あなたのサービス・体験・イベント情報を記事に掲載してみませんか? 掲載レギュレーションを一読ください

サービスリリースカテゴリの最新記事