2022年2月 Airtable アップデート

2022年2月 Airtable アップデート

2022年2月の更新情報

本記事は、Airtableの公式情報を日本語に修正したものです。いくつか日本語を訳すにあたり省略している部分もあります。

Airtableの2月の更新は Interface 機能が充実してきました。

引用元 Airtableの新機能:2022年2月

Airtableは、インターフェースのデザイン機能を改善してます。

  • Airtableインターフェイスの更新には次のものが含まれます。  
    • ギャラリー要素:最新の要素は、ベースからの視覚的なサムネイルを並べて表示し、複数の画像や情報を一度に表示できるようにします。この要素は、アセットレビュー、チームディレクトリ、またはリソースのリストに最適です。
    • レコードレビューでのレコードのグループ化:レコードレビューのレイアウトにより、トリアージが便利になります。データセットをグループ化して折りたたむ新しい機能のおかげで、これは本当に簡単です。作成者は、グループを色分けして最大3層のグループ化できるため、チームは最も関連性の高い情報に簡単にアクセスできます。
    • グラフの改善:作成者は、グラフ要素を使用して1つのグラフに複数のセグメントをグラフ化できるようになり、比較分析が可能になりました。予算支出を月ごとに比較したり、組織の予測収益と実際の収益をマッピングしたりできます。また、パイチャートとドーナツチャートをすばやく理解できるように、各セグメントにパーセンテージ値を追加しました。

      インターフェースデザイナーファンのためのいくつかのボーナスコンテンツは、こちらで確認できます。こちら

Airtableをどこから始めれば良いですか?

新規ユーザーは、Airtableに参加するときに同じ質問をすることがよくあります。どこから始めればよいですか?私は最初に何をすべきですか?選択できるテンプレートを数十個作成しましたが、すべてがどのように機能するかを確認したい場合もあります。

Airtableの新規サインアップ


Tahirah Walker、PhDは、放的教育学リポジトリとツールキット。反抑圧、正義、公平性、包摂に関するリソースを紹介し、解放的な教育学的アプローチをサポートします。

Airtableのチーフプロダクトオフィサー ピーター・デンへのインタビュー
Airtableの製品計画

チーフプロダクトオフィサーのピーター・デンと話し合い、Airtableのビジョン、2022年の会社の主要テーマ、および顧客からのフィードバックにどのように対処しているかについて話し合いました。

また、次のようなトピックについても詳しく説明します。

  • インターフェイスデザイナー
  • 自動化の未来
  • 今年期待されるアップデート

2月は以上です。今年のAirtableには楽しみがたくさんあり、これらのアップデートの多くをアンラップするのが待ちきれません(チョコレートのように)

コメント

最近のAirtableは、Interfaceというデータを見やすくするBI機能に力を入れているように思います。
BIツールといえば、tablueauやPowerBIなどがありますが、Airtableの中だけである程度完結できるようなツールになると、より社内でAirtableだけで完結するツールになりそうですね。

プレスリリース受け付けます

あなたのサービス/体験を記事に掲載してみませんか? 掲載レギュレーションを一読ください

NoCodeツールカテゴリの最新記事