NoCodeマーケットの現状と今後の変化について

NoCodeマーケットの現状と今後の変化について

こんにちは。

NoCodeCampメディア編集部です!

今回は、NoCodeの現状と将来性について紹介していきます。NoCodeが今後どのようなマーケットシェアを獲得していくのか、既存のプログラミング言語も含めて考えていきましょう。

これからNoCodeを勉強したい!という方は参考になると思います。

ぜひ最後までご覧ください。

NoCodeマーケットの現状と変化

NoCodeのマーケットは、2019~2020年にかけて急成長し、2021年現在も順調に成長しています。

Future Market Reportsのレポートによると、2020年には非メジャープレーヤーのシェアが、トップ5を独占していたメジャープレーヤーのシェアを抜き去ったそうです。このような現状を踏まえ、今後数年間でメジャープレーヤーの顔ぶれが総入れ替えする可能性も考えられます。

参考:https://futuremarketreports.com/report/global-nocode-development-platforms-software-market-42978

レベニューと成長率の変化

以下の考察は、上記のFuture Market Reportsのレポートを参考にした予測です。

レベニューは、2019年、2023年、2026年を山として、徐々に右肩上がりになるそうです。2020年や2024年などは、いったん落ち着きを見せますが、やはり今後10年間で伸びていくと予想されています。

成長率は、2021年現在で若干伸び悩んでいるものの、2024年に持ち直し、その後も伸びていくと考えられています。

NoCodeの需要は今後も伸びる可能性が高い

上記の予測は、プラットフォーム提供側の視点で正常な経済状態のもと概算された数値です。現在はコロナ下にあり経済の先行きが読みにくい社会情勢ですので、上記の予測が外れることも十分考えられます。

しかし優秀な人材の不足が問題視されているIT業界において、非プログラミング人材を活用できるNoCodeの需要が下がることはないでしょう。業務を効率化させたい大手企業はもちろんのこと、初期コストをできるだけ抑えたいスタートアップ企業や、技術力不足の中小企業などにも広がっていくと予想されます。

実際すでに、多くの大手IT企業が、NoCodeの分野に手を広げています。たとえばGoogleは、2019年にゲーム作成ツールのプロトタイプをリリースしており、NoCodeが難しいといわれるゲーム分野に参入する意志を示しました。

NoCodeマーケットの展望

今後はまず、2023~2024年を目途にプラットフォーム提供側のマーケットが成熟し、それから2~3年後に利用者側のマーケットが成熟していくと考えられます。全体としてのどれだけのマーケットシェアになるかは、2026年を目途に解明されていくでしょう。その頃には、非プログラミング人材の活用が促進され、業界の問題も解決されているかもしれません。

NoCodeメディアでは、このような状況を考慮して、近いうちにC言語やJAVA、Swiftなどのプログラミング言語の中に、NoCodeも含まれると予想しています。

ニュースカテゴリの最新記事