2022年2月 Adalo アップデート

2022年2月 Adalo アップデート

2022年2月の更新情報

本記事は、Adaloの公式情報を日本語に修正したものです。
いくつか日本語を訳すにあたり省略している部分もあります。

Adaloの2月の更新は、AND/OR Logic Release が大きかったように思います。
これで検索バーや、条件付きの分岐が大幅にできるようになりました。
それでは、早速みていきましょう!

引用元:Adalo Commnunity Update February 20222

これからはじまる

2021年に達成したこと、そして2022年にやってくることに、私たちは本当に興奮しています。アダロメーカーとして成功するために、より多くの製品を出荷し、多くのものを用意しています。この1年、私たちは多くの時間を費やし、来るべきもののための基盤を強固なものにするために取り組みました。より効率的に、お客様が必要とする機能を提供できるように、多くの社内システムを改善しました。

技術担当の副社長を採用しました

まず最初に、技術担当副社長を採用しました。名前はギスラン、ニューヨークからやってきました。フランス出身で、パリとオーストラリアでソフトウェア工学を学びました。AmazonとSquarespaceで7年間働きました。彼は多くの帽子をかぶることになりますが、中でも真っ向から取り組んでくれるのは、アプリをスケールさせるためのパフォーマンスとアーキテクチャでしょう。私たちは、彼がもたらすスキルにとても期待しています。

ロケーション機能搭載予定

位置情報機能については、かなり進展しています。UIは美しく、テストはスムーズに進み、開発者は重要な要素を作り上げています。

AND/OR Logic Release

ご要望の多かった機能をリリースしました。リストフィルターにAND/ORロジックを追加しました。ANDとORのロジックを選択することで、リストとドロップダウンフィルタをより複雑にすることができます。

コンポーネントマーケットプレイスを更新

アップデートされたコンポーネントマーケットプレイスは、ほぼ完成し世界に向けて準備万端です。
発売時には、少なくとも20の新しいコンポーネントが期待できます。このアップデートにより、コンポーネント開発者はAdaloのエコシステムの中でビジネスを作ることができるようになります。メーカーとしては、エディタ内でコンポーネントを購入し、自分のアプリにそのままドラッグできるようになります。

 Collection Permissions のリリース

コレクションパーミッションを開始しました。これにより、アプリ上の情報へのアクセスを制御することができます。つまり、あなたが選んだ人だけが情報を利用できるのです。このアクセスは、4つのレベルにカスタマイズすることができます。1. ヘルプドキュメントを見る

【引用】Collection Permissionsビデオ

Collection Permissionsドキュメント

Webinars and Town Halls

カレンダーにライブ/録画コンテンツを追加することになりました!
タウンホールを復活させ、定期的なウェビナーを追加します! タウンホールは毎月開催されます。質問を共有するためのリンクを掲載し、私はその質問に録画で答え、新しいプラットフォームとこのフォーラムに投稿します。また、CXチームはこの新しいプラットフォームで定期的にウェビナーを開催する予定です。最初のウェビナーは3月16日に開催される予定です。このウェビナーには、登録とリマインダーを受け取るための場所が用意されています。データベース構造、可視性ルール、プラットフォーム間のレイアウト問題など、多くのメーカーがAdaloへの導入初期に直面する「困った」トピックを取り上げる予定です。ライブセッションを行い、ハンズオンでこれらの問題を解決していきたいと考えています。また、最後には「構造化された」Q&Aを行い、メーカーが直面しているより具体的な問題を取り上げる予定です。質問を送っていただければ、リアルタイムでお答えします。

アダロ・アプリ・アカデミー が5月開講

Adalo App Academyの作業が進行中です。予定では、今年の半ばに立ち上げる予定です。アダロに関するビデオコースや、それ以外のコースも提供する予定です。ブランディング、マーケティング、デザインなどに関するレッスンが行われる予定です。もしあなたがコンテンツクリエイターで、Adaloでビルドするためのコースを作りたいなら、私にDMを送り、次のステップについて話し合いましょう。

コンポーネント開発者向けの新機能

コンポーネント開発者向けの素晴らしい機能の提供を開始し、改善しました。最新の cli バージョンにアップグレードすると、Windows 上でネイティブにパブリッシュできるようになります。さらに、プライベートコンポーネントの共有がより簡単になりました。無料のプライベートライブラリをインストールするためのワークフローは、キーを共有するのと同じくらい簡単です。キーはいつでも作成、取り消しが可能です。

【引用】CommunityUpdate Febuary 2022

クイックハイライト

さらに簡単なハイライトをいくつか紹介します。変更履歴を公開しました テストをより効率的にするために、いくつかの内部作業を行いました。バージョンと状態に関する非常に予備的な調査を開始しました。新しい署名コンポーネントをリリースしました。テキストコンポーネントの最大長を設定する機能をリリースしました。新しい日付フォーマットを追加しました。最後に、いくつかのスクリーンアクションのアップデートを開始しました

バグ修正報告

ヘルプチケットの応答時間

過去30日間の営業時間中の平均チケット一次対応時間は、4.42時間です。

お読みいただきありがとうございました。2022年はとんでもない1年になりそうです。2022年はとんでもない年になりそうです。皆さんが何を作るのか、もっと楽しみです。あなたが一番楽しみにしているアップデートは何ですか? コメントをお願いします。

ライターからのコメント

Adaloのトピックで目立ったのは、AND/ORロジック でしょう。
検索機能が大幅に向上しました。また、位置情報はすでに外部のコンポーネントで実現できるとはいえ、公式のコンポーネントになると動作の安定性が変わってきそうです。
また、近々、コンポーネントマーケットプレイスを更新するというこで、コンポーネントがまた一気に増えるのは楽しみにしてても良さそうです。

サービスやイベントのプレスリリース受け付けます

あなたのサービス・体験・イベント情報を記事に掲載してみませんか? 掲載レギュレーションを一読ください

NoCodeツールカテゴリの最新記事