バスケに旅する楽しさを〜Traveling〜

バスケに旅する楽しさを〜Traveling〜

はじめまして!副業ノーコーダーのタナキンです。

今回は学生時代のバスケ部のメンバーと、バスケのマッチングアプリ「Traveling」をリリースしたのでご紹介できればと思います。

極力コンパクトにご説明できればと思いますので、是非ご一読ください!

HPはコチラ→Traveling |バスケットボーラーとチームを繋ぐマッチングアプリ (studio.site)

Travelingってどんなアプリ?

Travelingは『バスケに旅する楽しさを』を理念に、昨年11月末にローンチした「バスケが出来る場所を探すプレーヤー」と「プレーヤーを募集するチームオーナー」をマッチングするプラットフォームです!

私が就職で地元を離れた際、「あれ、どこでバスケすればいいんだろう?」と悩んだところから始まりました。掲示板やmixiでメンバー募集をしているチームはありますが、いまいちチームの雰囲気がわからなかったり、レベル感が合うのか不安になったりしますよね。また、既にチームに所属している人でも、バスケを通じて新たな出会いが欲しいと考える人もいるはずです。

そんな悩めるバスケットボーラーのために今回作ったのが「Traveling」です!

Travelingには豊富な検索機能やメッセージ機能が付いており、その人その人に合ったチームを見つけることができます!また、「直感的な操作性」を追求したUIとなっており、説明書いらずで誰でも簡単にサービスを使うことができるようになっています!

どんな機能があるの?

Travelingには大きく3つの機能が搭載されています!

①プレーヤーを募集する/チームを探す

チームオーナーは開催日や開催地域、チームのレベルや一言コメント等の情報を記載することで簡単にチーム作成(プレーヤーの募集)を行うことができます。また、募集方法を工夫すると練習試合相手のチームを見つけることも可能!

②バスケに参加する

チームを探すプレーヤーはチームオーナーが設定した様々な条件を元に検索をかけ、自分に合ったチームを見つけることができます。

③コミュニケーションする

チームオーナーとプレーヤーはイベント前にメッセージができ、会場へのアクセスや参加費のすり合わせ等を事前に行うことができます。

マネタイズはしているの?

気になるマネタイズですが…

現時点ではしていません!元々サービスのMAXユーザー数が1ケタ万人程度という市場観のため、広告等での中途半端な(言葉悪いですが)収入は狙わず、UIを優先している状況です。(現在のユーザーは数百人規模です)

今後バスケ関連事業者との協業等によりマネタイズを検討していければと考えています!

アスリート, アスレチック, インフルエンサーの無料の写真素材

今後の方向性は?

現在、バスケ関連事業者との連携に向け各種協議を進めている段階です!

Traveling内での他事業者のサービス利用者募集や合同企画イベント等、日本のバスケを盛り上げる方向で動いていければと思っています!

また、Travelingはユーザーをはじめとしたたくさんの人に応援されるサービスを目指しています!今後も忌憚なきご意見いただければ幸いです。

Traveling |バスケットボーラーとチームを繋ぐマッチングアプリ (studio.site)

プレスリリース受け付けます

あなたのサービス/体験を記事に掲載してみませんか? 掲載レギュレーションを一読ください

サービスリリースカテゴリの最新記事