「NoCodeメディア」掲載記事「飲食店での見知らぬ人同士の出会いを提供するグルメアプリ開始」を通して、アプリ「fates – フェイツ」を強力プッシュ 

「NoCodeメディア」掲載記事「飲食店での見知らぬ人同士の出会いを提供するグルメアプリ開始」を通して、アプリ「fates – フェイツ」を強力プッシュ 

プログラミングを使わないIT開発の支援などを手がけている合同会社NoCodeCamp(ノーコードキャンプ)(本社:東京都稲城市、代表:宮崎 翼)が運営している「NoCodeメディア」では、Fatesアプリ開発を手がけたYasunori Okunoさん自身の記事「飲食店での見知らぬ人同士の出会いを提供するグルメアプリ開始」を2月18日(金)に掲載しました。「fates – フェイツ」は、プロフィールや写真を公開することなく行きたい飲食店や日時を選ぶことで、新しい人間関係が生まれる確率をパーセントで表示するアプリです。20代のうち、3人に1人が孤独を感じているとする調査結果を踏まえて、行ってみたい店舗と新しい出会いの確率をほんの少しだけアップできるかもしれない機能を実装しています。

▼ 2月18日(金)掲載記事「飲食店での見知らぬ人同士の出会いを提供するグルメアプリ開始」(合同会社NoCodeCamp運営「NoCodeメディア」):https://no-code.media/2022/02/18/post-3649/ 

▼ アプリ「fates – フェイツ」ダウンロードページへのリンクおよび特徴と記事一覧掲載ページ:https://fates.localinfo.jp/ 

「NoCodeメディア」で紹介したアプリ「fates – フェイツ」は行きたい飲食店と日時を選べば、新しい出会いの確率をほんの少しだけアップできるかもしれない機能を実装

合同会社NoCodeCamp運営の「NoCodeメディア」が2月18日(金)に掲載した記事「飲食店での見知らぬ人同士の出会いを提供するグルメアプリ開始」では、アプリ「fates – フェイツ」を作成したYasunori Okunoさん自身がそのおもな特徴や機能について紹介しています。

2月11日(金・祝)にオープンβ版として先行配信された「fates – フェイツ」は、ユーザーが行きたい店舗と日時を選ぶことで、新しい出会いと人間関係が生まれる可能性をパーセントの確率で表示する機能を実装。

記事でも紹介されているおもな特徴は次のとおりです。

1.既存のSNSと違って、ユーザーのプロフィールや顔写真がほかのユーザーに公開されない

2.出会いがあるかもしれないユーザーのプロフィールや写真ではなく、利用ユーザーが行ってみたい飲食店と日時を選ぶ

3.飲食店と日時から利用ユーザーにマッチしそうなユーザーを自動判定して、新しい出会いと人間関係の発生確率をパーセントで表示

開発者のYasunori Okunoさん自身の経験と、コロナ禍で厳しい経営がつづく飲食店に貢献したいという思いからオープンβ版として先行配信

ノーコードのツールを活用して独学で「fates – フェイツ」の開発を手がけたYasunori Okunoさんは、次のような経緯と目的を記事として掲載しています。

1.2021年の年末に近所の寿司屋で同年代の夫婦と隣席になり、連絡先を交換した経験が開発のきっかけに

2.新型コロナウイルスの影響で、売り上げの減少や休業、時短営業を強いられている飲食店に少しでも貢献したいという思いと新しい出会いと人間関係が生まれることを願ってリリース

サービスやイベントのプレスリリース受け付けます

あなたのサービス・体験・イベント情報を記事に掲載してみませんか? 掲載レギュレーションを一読ください

NoCodeツールカテゴリの最新記事